貧乏性女のキレイライン矯正体験記

キレイライン矯正で歯科矯正を行っています。このブログの目的は、私のモチベーション維持とキレイラインに関する情報共有です。

キレイライン生活9-10クール目:噂の噛み合わせ問題、そして2回目の10クール

レイラインを始めた当初は、10クールは遠い未来のように思えたものですが、現在10クール目です。正確には、2回目の10クール目です(詳細は後述します)。

例のごとく、キレイラインに対して不安になったときはTwitterで調査し(私は生粋のオタクなのでインスタではなくTwitterです)、皆さんのキレイライン矯正がどのように進行しているか・どのようなトラブルがあるかを調べては悶々としています。その中でよく目についたのが、「噛み合わせが悪化している」という問題です。
私も、歯並びの見た目はかなり改善し満足しつつありますが、噛み合わせの問題が起きています。今回は、その噛み合わせ問題と対処について書いていきたいと思います!

奥歯が噛み合わないからご飯がちゃんと噛めない

今起きている私の噛み合わせ問題は、「前に移動させようとしている上の前歯1つが、噛んだ時に真っ先に下の歯とぶつかってしまい、奥歯で噛むことができない」というものです。
下記の画像の青印の部分です。ここが一番はじめにぶつかってしまい、それ以上噛み締められないのです。
f:id:hotaimo:20201228171104j:plain この問題は6クールか7クール目くらいから起きていて、10クールを迎えた時点で解消していません。
これによって困るのが「ご飯が十分に噛み砕けない」ということです。極端な話ですが、真っ先にぶつかってしまう上下の歯1セットだけでしか噛み砕けなくて、ほとんどご飯を丸のみしているような時期がありました。
ご飯が十分に噛み砕けないと太りやすくなってしまうし、私が最近太っているのはコレが原因では…!?と疑っています(嘘です。コロナ禍でおとなしくステイホームしているため運動量が減ってるだけです。)
素人の感覚ですが、マウスピースを更に追加し上の歯をもう少し前に動かせば、ちゃんと以前のように奥の歯で噛めそうな気がしています。ただ、そのために一体いくつマウスピースを追加購入すれば良いか分かりませんし、以前の診察で「噛み合わせに問題があった場合の解消は、保定期間で行う」と聞いており、高いお金を出してマウスピースを追加する以外に解消する術があれば、是非そうしたいです。しかし、保定期間で行われる噛み合わせ問題の解消がどのようなものか、ちゃんとした効果が期待できるものか、まだ判断ができません。

このような悩みを抱えながらも、10クールが終わり、クリニックに診察に行きました。

噛み合わせ問題は時間をかけて解消を目指す

私の当初の契約は10クールまでだったため、この診察では、この時点でキレイライン矯正を終了し保定期間に入るか、継続しマウスピースを増やすか、判断する必要がありました。
私は歯科衛生士さん(歯科助手さんだったかも…)に率直に、

見た目は満足しており、ここで終えてもいいと考えている。
しかし、深刻な噛み合わせの問題が残っており、この問題を解決するためにさらにマウスピースを追加で購入する必要があるのか、保定期間のなんらかの対応で解決できるのか、判断がつかない。

という主旨のご相談をしました。すると、歯科衛生士さんは、歯の状態をしっかりチェックした上で、下記のようなご提案をして下さいました。

今の状態は、問題の歯(上記の画像の青印の歯)がぶつかっていることに加えて、上の真ん中の大きな前歯2つも下の歯とぶつかっているという、2つの問題がある。(後者は、言われてようやく気付きました…鈍感すぎる…)
この噛み合わせを解決するための方法は、3つある。
1)マウスピースを追加し、調整を行う
2)ぶつかっている歯を削る
3)現在使っているマウスピースの奥歯の部分を切って、奥歯の背を高くし、奥歯がぶつかるようにする
このうちの2と3を合わせて、対応をするのが望ましい。

なるほど~。マウスピースを追加購入することなく噛み合わせ問題を解消する方法について、なんとなく理解できました。念のため、それぞれのデメリットやリスクをお聞きしたところ、
1)→お金がかかる
2+3)→特になし
という感じでした。1はどうしてもマウスピースのお金がかかってしまうため、2と3を提案してくださったそうです!また、2の歯を削る場合もお金がかかるそうなのですが、私は無料で削って頂けるそうです(ちゃんと理由を聞き取れなかったのですが…歯がぶつかっちゃってるから…とかおっしゃっていたような…)。 ただし、いずれの方法でも、数ヶ月くらい時間がかかるそうです。

一通りのご説明を頂き、内容に納得できたため、ご提案頂いた2と3の方法で噛み合わせ問題の解消をしていくことにしました!
ただ、この診察の時点ですぐに2と3の方法に着手するというわけではありません。どうやら私の下の歯並びはほんの少し拡大の余地があり、しっかり拡大し切った上で噛み合わせ問題の解消に入っていくのが望ましいとのことでした。しっかり拡大し切ると、また噛み合わせの感じ方も変わるそうなので。
そんなわけで、この診察では拡大床の調整を頂きました!
これまでの検診で行って頂いた調整は、ネジを進めたり戻したり、ハリガネ?部分を直して頂いたり、という内容だったかと記憶していますが、なんと今回の拡大床の調整は「拡大床の邪魔な部分を削って、足りない部分を追加する」という内容でした!そんなことできるの!?
拡大床の足りない部分を追加する方法としては、私が拡大床をつけたまま、専用の粘液のような素材を良い感じに歯列と拡大床の間に流し込み固める…という感じでした。このようなことをして頂いたのが初めてだったのでたいへん驚きました。10クール目にして新たな経験…。

そんなわけで、ぴったりハマるようになった拡大床を使って、最後の拡大を行います。その際に使用するマウスピースは、10クールのハード。
つまり、もう一度10クールを行います!

2回目の10クール目を過ごしつつ…

2回目の10クール目といっても、今までと変わらずマウスピースと拡大床の時間を守って生活することには変わり在りません。10クールのハードのマウスピースを使う期間が長くなるため、衛生面も気をつけつつ過ごします。

この2回目の10クール目が終わったら、噛み合わせ問題解消に入っていくため、まずは歯を削って様子を見るそうです。その後、必要であればマウスピースを切ることになるそうです。
上記の診察では、デメリットやリスクを含めていろいろ説明頂きましたが、次回の診察までにまた自分でもいろいろ調べておこうと思います。「マウスピースを切る」ということをしている方をTwitterでも何人かお見掛けしたため、期待する効果がありそうか、トラブルはないか、情報収集をさせて頂こうと思います!
私のキレイライン生活は、たくさんTwitterで情報収集をしたことで進めることができた部分も大きいため、Twitterで情報を公開してくださっている皆様に感謝です。私もTwitterやこのブログでいろいろ書いているので、誰かのお役に立てると幸いだと考えています。

そういえば、いつホワイトニングしようかな!?完全に忘れていた…。

キレイライン生活8クール目:10クール目のマウスピースとご対面

前回の記事からまたずいぶんと時間が経ってしまいました。
この記事の下書きだけは書いてあり、あとは細かい部分を修正して投稿するだけ…という状態ではあったのですが、下書きを書いた夏頃から仕事が落ち着かず、なかなか手が付けられませんでした。ようやくほんの少し落ち着いたため、8-10クールのマウスピースの受け取りとその後しばらくの生活について、書いていきたいと思います!

8-10クール分のマウスピースを受け取った

8月某日、8-10クール分のマウスピースを受け取るためクリニックに行きました。
私は10クール契約なので、10クール目の仕上がりがどのようになるかは非常に気になる部分です。この日を迎えるまで、Twitterでキレイラインの10クール目の仕上がりの事例について調べては(不安になるとTwitterで調べる癖)、もし思ったよりも仕上がりが悪かったらどうしよう…と思い詰めるほどでした。8-10クールの型取りの際、私の10クール目は理想の仕上がりよりも最低1.5mmほど差が出る想定になる主旨の説明を受け、「まぁそんなもんよな」と一応は納得し、前向きに続行しよう!と決意はしたものの、一人で考えれば考えるほど、ネガティブな考えばかり浮かんでしまいます…。
診察では、いつも通り拡大床の調整をしてもらい、8-10クール分のマウスピースを受け取る前に、今後のスケジュール(ソフト1週間、ハード2週間、拡大床を回す計画など)を説明頂きました。その中で気になったのが、

  • 拡大床で拡大できる量は、最大6mm。私は現時点で、5mm拡大している。つまり、あと1mmしか拡大できない。 なので、8-10クールのうち、8クールの間だけ拡大床を回し6mmに到達させ、9-10クールは拡大床を回さず装着のみにする。

という点です。なんだか疑問が拭えない…。

  • 拡大床はあと1mmしか回せないとのことだが、目的は拡大床を回すことではなく、歯が動く隙間を作ることのはず。拡大床をあと1mm回すことで、歯が動く隙間は十分にできるものなのでしょうか?(拡大床を1mm動かしたけど歯が動くほどの十分な隙間はできませんでしたテヘペロという結果は、十分にあり得るのでは…?)

このように質問をさせて頂いたところ、いろいろと説明を受けましたが、私がすぐに理解できず腑に落ちない顔をすると、「とりあえず、拡大床を1mm回すことでしっかり歯が動いた前提ですが…」という前置きのもと「10クール目のマウスピースと歯の模型を見てみて下さい」ということで、見せて頂きました。

・上の歯のみ、上から順番に10、9、8クール f:id:hotaimo:20201122151022j:plain

ふむ。。
わりとイイ感じに見える…。赤矢印の歯が、積年の恨みが積もった歯なのですが、結構ちゃんと前に出ているのでは…!?!?
思っていたよりも仕上がりの良い10クールの模型を見せて頂いたことで、私の性格のあまりにも大雑把で単純な部分が出てしまい、「なんかよく分かりませんけどちゃんとすれば10クール時点でこのように前歯が並ぶってことですね~~」という楽観的な気持ちになってしまい、この話題を終わらせてしまいました(…)。
先述しましたが、私は該当の歯は理想の位置から最低でも1.5mm後ろに下がった状態で10クールを終える可能性があると覚悟しており、かなり期待値を下げてこの日を迎えました。なのでちょっと驚きました。本当にこのようになれるのだとしたら、大変うれしいことです!
この模型の通りになる保証なんてどこにもないけど、しっかり拡大してこの模型を目指します!!!

ちなみに、1クール目との比較はこちらです。
f:id:hotaimo:20201122151030j:plain
改めてみると、1クール目の歯並びは本当にひどい。

かつてない痛みのある8クール目

さて、大台の8クール目に入りました。私はこれまでマウスピース生活をしていて「めちゃめちゃ痛い」といった経験は、始めの頃にあったような無かったような…もう忘れてしまったな…といった具合なのですが、8クール目にきて唐突に「めっちゃ動かしてるし、めっちゃ痛い」という感覚を覚えました。
8クール目に変えた初日は、あまりの歯の痛みから頭痛まで起きてしまい、一晩眠れないほどでした。朝を迎えて少しずつ痛みに慣れるものの、食事のためにマウスピースを外すタイミング、食事後につけようとするタイミングで、涙が出るほどのひどい激痛です。
恐ろしいことに、それは5、6日ほど続きました。マウスピースを付け外しするのに激痛が伴うため、食事が億劫になり、生活自体も億劫になります。幸い、私は在宅勤務のため、食事の度にマウスピースを付け外しして痛みで泣きながら悶絶していても、すべては自宅での出来事なのが大変助かりました。

それにしても、8クール目になってなぜこのような「今までにない痛み」が伴うような動かし方になるんだろう??(ちなみに別記事にもしますが、9、10クール目も激痛でした)
これまでの7クールで毎回激痛があるのであれば「そういうものだな」と割り切れるのですが、今まで激痛というほどの痛みがなかったため、今回の8クール目は「急にいっきに動かそうとしている」という感が拭えません。
8-10クールの型取りの際に、かなり念入りに今後の動かす計画について質問をさせて頂き、数字ベースでの説明を求めたということがあったのですが…
ここからは完全に邪推なのですが、そこで「めんどくさい患者」認定され、ケチをつけられないような10クール目にするため、今までよりも負荷が強めになったのではないか…なんて。そんな妄想をしてしまいました。
ただ、そのように標準化から外れたことをしても、キレイラインという製品にとってのメリットなんて何もない気がするのですよね(そんなことあっては、ますます叩かれてしまうだけだし…)。なので、「8クール目にきて急に激痛があるくらい動かしてる」というのは、私の気のせいなんだろう…といったん結論付けています。

なんだか勝手に疑わしいことを書いてしまいましたが、引き続き前向きにキレイライン生活を継続します!
歯並びは、確実に良くなっています。まだ8クール目ですが、歯を見せるような笑い方をためらいなくできて、とても嬉しいです。

キレイライン生活6-7クール目:不安、10クールまでの型取り、そして…

前回の記事からずいぶん時間が経ってしまいました。

なかなか新型コロナの影響は落ち着きませんね。
前回の記事で、「次回の検診は5月のGW明け」と書いたかと思います。GW明けは緊急事態宣言延長後だったため、キレイラインでお世話になっている歯科医院からメールで「特に不具合が無ければ検診はスキップでも良い」という主旨の連絡を頂きました。私は拡大床が口の粘膜を傷つけている状態だったため、検診に行くことにしました。
検診では、歯科衛生士さん?に拡大床の調整をして頂いた上で「このような状況でせっかく来て下さったので、他に少しでも違和感あったら教えてくださいね!」と念押し頂き、次の検診までは大丈夫と思えるくらいにしっかり調整を頂きました。
人の咥内に触れるお仕事なので、大変だと思いますが、こんな状況でも対応頂けて感謝です!

そんなこんなで新型コロナの影響を大きく受けることなくキレイライン矯正を進行することができて、現在7クール中でございます。

不安の中、8,9,10クールの型取りを迎える

現在7クール目…もう終わりが見えてきました。
ところで、私はキレイラインに関する情報はTwitterで収集することが多いのですが、一時期、キレイラインのマウスピース矯正を中断しワイヤー矯正に移行する人をたくさん見かけることがありました。理由として、キレイラインでは思った通りの歯並びにならないと判断したり、キレイラインに対する不信感があったり…といった内容が多いように見えました(私の観測範囲では)。
そのようなネガティブな情報を見ると、私も不安になってしまいました。

下記は、私の上の歯の1クール目と7クール目の歯型の比較です。 f:id:hotaimo:20200724105213j:plain 【上の歯の1クール目と7クール目の比較】

私は、画像の赤枠部分を不揃いを解消することを目的としています。1クール目でずいぶん引っ込んでいる歯がありますが、7クール目で改善していますね。
(7クール目の赤枠部分の幅3mmという情報は、後述する検診にて計ってもらいました!)
ただ、7クール目のこの状態から、10クール目までの残り3クールで、この幅を埋められるのだろうか…?と、心のどこかで不安に思っていました。

また、下記は、私の下の歯の1クール目と7クール目の歯型の比較です。
f:id:hotaimo:20200724202344j:plain 【下の歯の1クール目と7クール目の比較】

下の歯の動きはそこまで気にしていなかったのですが、よく見ると画像の赤枠部分がやたら出っ張っているように見えます。なんだろうこれは…?意図したものなのかな?

様々なネガティブな情報を見たことで、あらゆる不安が大きくなってしまったような心地でした。

自分と同じ10クール予定の人の7クール時点の写真を見つけては、自分の7クール時点と比較し「この人はほぼ完成に近いじゃん!私はまだ動かし足りないのに…」とか「この人は私と同じくらい動く余地はあるか…?」といろいろ考えてしまいました。
いろんな人の写真をしこたま見て思ったのは、私が10クール時点で理想的な前歯の並びになっているのは難しいかもしれない…!?ということです。

いずれにせよ、素人が一人で悶々としていても仕方なく、数週間後に8,9,10クール分のマウスピースの型取り&検診を控えていたため、検診でいろいろ聞いてみることにしました。

そして検診当日。いつも通り丁寧に拡大床の調整を頂き、歯科医の先生とお話するタイミングを迎えました。
そこで、下記のようなことを質問させて頂きました。

  • (上の歯について)現在7クールのこの状態から、残り3クール(8,9,10クール)でちゃんと揃うのか?どのような状態になるのか?数字ベースで説明してほしい。
    ⇒(上記の画像の通り)引っ込んでいる歯は、あと3mm前に動かすことで、揃った状態になる。また、1クールにつき0.2~0.5mm動かすことが出来る。なので、残り3クールで、最大でも0.5mm * 3クール = 1.5mm動かすことが出来る。
     つまり、10クール終了時点ではMAX動いたとしても、3mm -1.5mm = 1.5mmは幅を残した状態になる。

  • 1クールにつき0.2~0.5mm動かすことが出来るとのことだが、何が要因で0.2~0.5mmという差が出る?
    ⇒(マウスピースや拡大床を時間通りつける前提で)動きやすい歯・動きにくい歯といった部分で差が出る。そのような傾向は、実際にマウスピース矯正で動かしてみないと分からない。

  • そもそも10クールで揃うと聞いていたが…。
    ⇒(上記のマウスピース矯正の性質上)最初の時点で「確実に揃う」とは言い切ることが難しく、「揃う可能性がある」という説明をしているはず。(確かに「揃うと思います」というニュアンスだったことを記憶しているワイ…)

  • 現在7クール目ですが、「もっと動いた状態の7クール」を迎えられる可能性はあった?
    ⇒比較的動きは良い方なので、これ以上は…(最善を尽くしてこの状態である、という主旨)。
    (私は、元の幅がNmm、全10クールなので1クールにつきN / 10mm動く必要があり、7クールの時点でN / 10 * 7 mm動いている状態になっていると大丈夫…という考え方はできないのかな~と思っていましたが、いろいろな要因があるためこんな単純なものではないみたい)

  • (下の歯について)左の奥から4番目の歯について、当初よりけっこう出っ張ってしまったように見えますが、これは意図したもの?
    ⇒歯列を広げるために必要であり、意図したもの。気になるようであれば、8,9,10クールでこれ以上動かさないように指示することは可能。また、10クール終了時点で噛み合わせに不具合があれば、保定期間でフォローする。
    (意図したものであるとのことなので、別にこのまま動かしてもらっていいと私は回答しました。保定期間での噛み合わせのフォローについては「へ~そうなんだ~」と思ってこれ以上聞かなかったのですが、今思えばちゃんと聞いておけば良かったな。)

質問と回答については、概ねこんな感じだったかな…。
つまり、
「10クール時点では、問題の箇所は最低でも1.5mm幅が残った状態になる想定。歯の動きは良い方なので、10クールという回数でこれ以上を望むことは難しい。」
といったところですかね。
先生が説明して下さった意図が正確に書けているか分からないのですが、私の拙い質問にも優しく丁寧に説明して頂き(お忙しい中…有り難いです)、不安を解消することができ、納得感を得ることが出来ました。
10クールでは問題の箇所に少し幅が残ってしまうことは残念ですが、実際にその状態を見てみないとどのような印象を受けるか分かりませんし、自分の性格上10クール目の仕上がりを見て「まぁこれでいっか~」って思う可能性もあります。7クール現在の時点で、正面から自分の口元を見て、以前よりかなり改善されていて、とても嬉しいので…。
また、ワイヤー矯正よりもだいぶ安く矯正が出来ているので、クールを追加することもアリとも考えています(いくらだっけ?調べてないけど…)。上記の説明の中で「研磨をするともっと滑りがよくなる」という話が出てきたのですが、タイミングとしては今ではなく、10クール時点でクールを追加する際に検討するのが良いみたい。やってみても良いかもな~(金額によるけど)。

そんなわけで、引き続きキレイラインで10クールまで走ります!1クールにつきMAX0.5mm動かすよう頑張るぞい!!

この検診は、自分の中で納得感が得られた大きな出来事でした。納得感は得られたといっても 、冷静にいろいろ情報収集しつつ気を抜かないでおこうと思います。

以降は、最近あったキレイライン関係の小ネタを書きます。  

在宅勤務で拡大床チャンス!

新型コロナの影響で、勤めている会社のリモートワークの制度が強化されました。とても有り難いことです。
通勤しているうちは日中帯はマウスピースをしているだけで精一杯だったかと思いますが、リモートワークだと会議以外は拡大床つけられちゃうよね、ということで拡大床をつけて仕事をすることにしました。ただ、勤務時間中である以上、他の人から「今ちょっと話しかけても良い?」というのにすぐに応じられる必要があるので、そのような時は速攻で洗面所に行って拡大床を外してパソコンの前に戻ってきて「いつでも大丈夫です!」と準備OKを示す…という慌ただしさが発生します。拡大床をたくさんつけていられるという有り難さの前では、些細なことです。
1クールにつきMAXまで動かすという決意を新たにした今、引き続きなるだけ拡大床をつけてお仕事するぞい!

超音波洗浄機を買った

皆さん、日々のマウスピースや拡大床のお掃除ってどうしていますか?
私は歯磨きの度に、マウスピース用に用意している歯磨きでゴシゴシ磨いています。それがまたとんでもなく面倒くさくなってきたため、超音波洗浄機を買いました!マウスピースや拡大床がツルツルになる!テンション上がる!!
そんなに高い買い物ではないですし、キレイラインを続行する腹が決まったので、良い買い物でした。
これについては、別の記事で詳しく書こうと思います。

今回はここまで。
読んで頂き、有難う御座いました!

キレイライン生活4-5クール目:外出自粛だけど矯正は止められねぇんだ

前回の記事からずいぶん時間が経ってしまいました。
実は生活に変化があり、しばらくして心身ともに落ち着きそうかな?というところで、更に新型コロナの影響で生活に変化があり…という状況で、落ち着いてこのブログを書くことがなかなかできませんでした。マウスピースも拡大床も粛々と続けており、久々にこのキレイライン生活を振り返ることができたので、いろいろ書いていきたいと思います!

拡大床が口の粘膜を傷つけるようになった

拡大床って口の中の粘膜に触れないよう調整されていると思うのですが、私の場合、4クール目の前後くらいに、突然下の拡大床と口の粘膜が触れるようになってしまいました。なので、拡大床をつける時はグッと力を入れて押し込むと思いますが、その際に拡大床が口の粘膜を削るように傷つけてしまい、それがめちゃくちゃ痛くて…。その上、しっかり装着するには拡大床と粘膜の傷ついた部分が触れた状態にしなければならないので、なかなか痛みが引いてくれなくて、拡大床を装着して寝るのが非常に辛い時期がありました。しかも毎日のことなので、いっこうに傷が治りゃせんのです。
幸いなことに、その時は検診を数日後に控えていたので、絶対に検診で拡大床を直してもらうぞ!!ということを希望にして日々拡大床をつける痛みに耐えていました。そして検診では、状況を伝えて、しっかり拡大床を削ってもらい(けっこう粘膜と拡大床との間に余裕がある状態にしてもらえたと思う)、無事に拡大床と粘膜が触れることはなくなりました!!安心!!
今でも原因がよくわからないのですが、口の中の形って変わることがあるのかな?何かが原因で腫れることがあるんだろうか??気をつける術があるのか分かりませんが、このようなこともあるので皆様も気をつけてください。

新型コロナの影響

実は、上で書いた検診は、とても楽しみにしていたハッカソン(2日間都内某所にいろんな人と缶詰めになるイベント)と被っていました。検診のために2時間くらいハッカソンを抜けたいから主催者さんに相談しなきゃ…とか、いろんな人がいる中で2日間マウスピースと拡大床をやりくりするの難しいな…とか、いろいろ対策を考えてはいたのですが、結局、新型コロナの影響でこのハッカソン自体が中止になってしまいました。
残念ですが、現在のこの状況を思うと重要な判断をして下さったんだとしみじみ思います。

新型コロナといえば、日常的にマウスピースを付け外しするのは手洗い場であることが多いと思いますが、公共の手洗い場はかなりリスクがある場所なので、

  • マウスピースや口の中に触れる前に、必ずしっかり手を洗う(あるいは、ウェットティッシュなどで手を清潔にする)
  • 手を洗ってからマウスピースや口の中に触れるまでの間は、絶対に何も触らない
  • マウスピースを収納するケースは清潔に保つ

などなど…今まで以上に徹底して過ごしていました。当たり前すぎて書くのも辛いが、この当たり前が自分の身を守るんだよな…(※私には辛い思い出があります)。現在のこの状況だと、外出することもあまりないのですが、今後ずっと意識していきたいものですね。
どうでもいいことですが、私にとって大事なアイテムであるウェットティッシュが、買い占めの影響で手に入らない時期がありました。トイレットペーパー、ティッシュペーパーやらに関連するから、ウェットティッシュも買い占めていた人がいるんですかね、知りませんけど(怒)。最近は手に入るようになってきたけど、日常ってやっぱり尊いな…。

そして5-7クールのマウスピースへ…

そんなこんなで、4月の頭に検診に行き、5-7クールのマウスピースを受け取りました!やったね!
7クール目って終盤だと思いますが、マウスピースだけ見てみると…ふぅ~ん…こんなものなのか…という感じです。実際の歯列で見てみると印象は違うのかな。10クール契約だけど、延長になったら嫌だな…。しかし、確実に歯は動いているので、いつか各クールのマウスピース比較写真を撮ってみようと思います(すぐやらないのは私が面倒くさがりであるためです)。

この検診に行った際、4月頭という時期とはいえ、クリニックがガラガラなことが印象的でした。私は仕事帰りの比較的遅い時間に行ったのですが、私以外で来院している人ははほとんどいないように見えました。大変な時期で、キャンセルする人もいる中で、キャンセルしない私みたいな人もいて、クリニックを開けて下さっているんだよな。
私にとって歯列矯正は不要不急ではないとても大事な用事ですが、迷惑だけはかけないようにしよう。いろんなことにおいてもそう思いました。
次の私の検診は、5月のGW明けです。その時は、日本はどうなっているんだろうな…。

キレイライン生活3クール目ソフト その1:拡大床開始して初の検診を受けた話

2クール目と同時に拡大床を開始して、
3クール目に入るタイミングで検診がありますね。
今回は、その検診を受けたお話を書きます。

検診は忘れ物厳禁

拡大床を始めて、サボると歯の位置がかなり戻ってしまうという痛い目を見たことにより(涙)、
レイライン生活を順調に続けられている日々です。
しかし、まだ目に見えて歯が動いている様子はありません。

3クール目に入った直後のタイミングで検診がありますので、
仕事帰りに行ってきました。
この検診の目的は

  • 拡大床の針金部分の設定が適切で、歯列が効果的に動く状態になっているか確認する

です。ですので、拡大床は必ず持っていかなければならないので、
行かれる方はご注意ください。
私は忘れっぽいので特に注意していました…。

検診では、歯科衛生士さんが歯につけた状態の拡大床を見て、
針金が弱まりガタガタしていないかチェックし、必要に応じて直してくれます。
私の場合、まだ拡大床を始めて間もないためか、
軽い微調整で済みました。
歯科衛生士さんに拡大床を調整して頂いた後、
歯科医師さんが最終チェックをして下さいます。安心ですね!

検診自体は私は15分ほどで終わりました。
次の検診の予約をして、本日は終了です。
次の検診は、4クール目に入ったタイミングです。

私はこの日、なんだかテンションが高かったので(?)、
拡大床をつけたまま帰りました。笑
電車に乗るだけだし、帰り道だれとも会話しない想定なので問題なし!(多分)

歯が動いている感覚はないけど…

この時期は、自分で「歯、動いてるじゃん!」という実感はまだ得られません。
しかし、検診の中で歯科衛生士さんに
「ちゃんと動いているので、この調子でやってくださいね」と言ってもらえたことで、
モチベーションアップです!
Twitterなどでも、
「○クール以降・○か月以降に動いているのが実感できるようになった」
という意見が見受けられたので、私も早くその段階まで到達したいですね。
頑張るぞい!

では、今日はここまで。
読んで頂き、ありがとうございました!

キレイライン生活箸休め:2020年元旦に胃腸炎になった話

2020年1月も早くも終わりが見えてきましたね。
少し時期は遡りますが、今回は、
今年の元旦に38度の熱を出しながら胃腸性を発症したことを記事にします。

元旦に熱を出しながらアニメに齧りつく女

突然ですが、皆さんはお正月はどんなものを食べますか?おせち?お雑煮?
私は、おせちやお雑煮がそんなに好きではないので、
毎年自分好みの揚げ物や炒め物が入ったオードブルを購入して、お正月の間それを食べて過ごします。
しかし、今年は方針を変えて、大みそかに自分で好きな作り置きを用意し、それを食べて過ごすことにしました。
みそか一日かけて作った、大量のだし巻き卵や焼きウインナーや焼きそばなどなど(子供が好きそうなものばっかりですね)。
自分流おせち(おせちではない)です。

そして、年越しして元旦!
朝から、AmazonPrimeでアニメを見ながらのんびりと過ごしていました。
みそかに用意した自分流おせちを食べようしたところ、
なんだか食欲がありません。
ほんの少しだけ食べて、引き続きアニメを見続けます。

昼過ぎから、関節と筋肉の痛みと倦怠感が始まりました。
しかし、この程度だったら横たわっていれば治るかと思い、
横たわって引き続きアニメを見続けます。

夕方ごろ、軽い腹痛が加わり、お手洗いの回数も多くなり、
熱っぽさも覚えました。
しかし、この程度だったら「平日だったら仕事に行けるレベル」と判断し、
風邪薬を飲んで引き続きアニメを見続けます。
念のため、アニメを見ながら熱を測ると、36度後半…
私は平熱が低いので、微熱かな?それとも誤差?と適当に流します。
ところが、ずーっと絶え間なかった関節と筋肉の痛みと倦怠感が強まってきたため、
1時間後に再び熱を測ると37度超え、さらに1時間後に熱を測ると37度後半、
どんどん熱が上がっていることが分かりました。
さすがにただ事ではない。
もしかしてアニメを見ている場合ではないのでは?と思いましたが、
でも、あと1話で最後なんや…これを見ないと寝るに寝れない…と、
熱で朦朧としながらアニメを1期最後まで見終えます(オタクとしては素直だが人間としてはダメである)。
そして、再び風邪薬を飲んで、ようやく布団に入りました。
この時点で、私は風邪かインフルエンザだと思っていました。
風邪薬を飲んだ直後は、関節と筋肉の痛みが一時的にほんの少し和らいでいたので。

ちなみに、この時私が熱を出しながらも見続けたアニメが、今をときめく「鬼○の刃」です。
面白すぎて、ちょっとの熱なんかで中断できるわけないよなァァァァ~~~~???????

休日診療の有難さ

元旦の夜、自分でもどんどん熱が上がっていくのが分かりました。
(38度を超えたあたりで怖くなって測れなかったです…)
しかも、風邪かインフルのおまけと捉えていた腹痛が酷くなってきて、
最終的に1時間おきにトイレに行かねばならない状態にまで至ります。
朝方には水しか出ませんでした(汚くてすみません…)。
このような状態では、当然熟睡なんてできません。

死を覚悟し始めたので、もはや救急車を呼ぶしかないのでは?と考えていましたが、
同居人が正月でも診察してくれる病院を近所に見つけてくれたため、
朝9時頃、休日診療所に向かいました。
休日でも夜間でもやっている診療所というものがあるのですね。
有難すぎる…。

診療所は、結構混雑していました。
やはり、お正月でも体調を崩す人ってたくさんいるんですね。
待つこと30分ほどで、私の番に。
この時点でまだ自分が風邪かインフル、どちらかでしかないと思い込んでいたので、
診察ではしっかりインフル検査をしてもらい、さらに待つこと数分…(この間も何度もトイレに行っていました)。

お医者さん「胃腸炎です」

えっ???

お医者さん「最近鶏肉料理など食べたりしましたか?」
私「食べました。年末に焼き鳥とか…唐揚げとか…」
お医者さん「う~ん…」???

腑に落ちないまま同居人にインフルではなく胃腸炎だった旨を報告し、
「なんでやねん」という反応を受けながらも、 「確かに、風邪の症状は関節と筋肉の痛みと発熱くらいで、咳とか鼻水は一切なかったな」と2人で納得。
そして、今にも命が尽きそうな私の代わりに薬を取りに行ってもらいました。
休日夜間診療所も有難いが、同居人も有難い存在です。
もし一人暮らしでこの状況になったら、
途方に暮れて命尽きるか自然回復を待つしかないのではないだろうか。

腸炎で人権を失う

腸炎と診断された1月2日、この時点では、水を飲んだだけでもひどい腹痛になり数分後には出ていく状態。
この段階で摂取できるものは、水とポカリと薬だけ。
これらで、ひたすら胃腸の中にいる悪者たちを流していくしかない。
熱も下がっていなかったため、意識朦朧としながらただ無益にベッドとトイレを往復していました。

胃に水分しかないのに、よくもまぁこんなにトイレ行きたくなりますねえこの体は……とか、
排泄機能が正常であることって、QOLの大前提だな……とか、
健康の有難みを噛み締めながら…。

翌日1月3日には、熱も引いて腹痛もだいぶ収まっていました。
調べたところ、この時点から固形物を食べ始めても良いとのことだったので、
この日は2食だけ、味噌で味つけしたおかゆを食べました。
1月4日には、更に治っている感覚はありましたが、
「いきなり胃に刺激物を入れるとまた下痢に戻る」という情報を目にしていたため、
警戒して2食だけ、薄味の素うどんを食べました。

いや~
味がある食事って最高だねえ!!!!!!

マウスピース生活の中で、マウスピース関係以外でこの感覚になるなんて…。
ちなみにマウスピースは、固形物を食べるときはさすがに外しましたが、
ポカリと薬くらいは外さずにガブガブ飲みました。
あと、拡大床については、
人としての成果を何も出せない状況を憂いて、
せめて確実に歯を動かすためにコレ(拡大床)くらいはずっとつけていようと試みたのですが、
気分が悪くなって外すことも多かったです。
でも、1日12時間以上はつけていたかも。

このような食事事情だったので、この記事の冒頭で書いた自分流おせちは、
ついぞ自分で食べることはほとんどありませんでした。
同居人がきれいに完食してくれましたが、「このタイミング胃腸炎って何?」という気持ちは拭えない。

1月5日には、完治している感覚でした!
健康最高!ごはん最高!
しかし、せっかくのお正月休み9連休のうち4日を寝て過ごす羽目になるとは…涙
高熱に腹痛よる疲労と栄養不足でHP赤ゲージのまま、
大切なお正月休みを終えることとなりました…。

ところで、胃腸炎の感染経路は?

さて、胃腸炎によって失われた時間は取り戻せないので、もう良いとして(?)、
できればもう2度となりたくないので、再発防止を考えたいところです。

原因のウイルスが体に入ったのはおそらく年末。
年末あたりに一緒に食事をした人たちに「胃腸炎になってない?」と問い合わせましたが、
誰も胃腸炎なんぞになっていませんでした。
食事の可能性は高くはないと思われますね。

つまり、私独自の行動でウイルスを体に入れた可能性が高いということ。
私独自の行動…。
普通の人はしないような、私独自の…。

マウスピース…?

思い返すと、最近の私はマウスピース生活に慣れきっていて、
あらゆる場所で軽率にマウスピースを外したりしていました(本当にすみません)。
最も私が「アレが原因では?」と思ったのは、
新幹線のお手洗いの前の洗面台で急いでマウスピースを外したことです。
とにかく早く駅弁が食べたくて、焦っていたことだけは覚えています。
私はその時、しっかり石鹸で洗った手で、マウスピースを外していたか…?
自分の杜撰で適当な性格を鑑みると、すごく怪しい…。

新幹線という不特定多数のウイルスが蔓延していそうな場所は当然として、
あらゆる場面で、常に衛生を意識してマウスピースを取り扱っていたかと問われると、
否としか答えられない自分にがっかりです。
今回の胃腸炎の直接の原因であるか正確には分かりませんが、
ひょんなことからウイルス入っちゃいそうな衛生観念の低い行動を取っていたことに、
今回とても反省しています。

本当に2度とあんな壮絶な胃腸炎になりたくないので、
あれ以来マウスピースを付け外しする際は、慎重に手を洗っています。
当たり前なんでしょうけどね!!!

お恥ずかしい話ばかりですが、
今回あえてキレイラインに関する記事としてこんなことを書いたのは、
自分自身が2度と衛生観念底辺のようなマウスピースの取り扱いをしないためです。
やはり、口にものを出し入れするから、慎重すぎるくらいで良いんだよ。
健康に直結するのだし。

マジで、深く反省してくれよ私。
本当に本当に本当に、この胃腸炎、辛かったんだから…………………。

長くなってしまいましたが、今回はこれでおしまいです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

キレイライン生活2クール目ハード その2:拡大床期間のサボりは致命的やで

拡大床を始めて、スムーズに拡大を進め、
「こんなもんか~」と慣れてきた11月下旬です。
なんだか急に寒くなりましたね。
部屋から出たくないなぁ~…
お手洗いや歯磨きのために、暖房がある部屋から出るのが億劫でたまりません。(フラグ)

ついにやってしまいました

ある金曜日、残業を終えて帰宅して22時過ぎ、普段であれば拡大床をつけ始めなければいけない時間です。
大急ぎでマスピースを外し、ご飯を食べ、一息ついていると、
猛烈な眠気に襲われました。

あっ眠い、死ぬ…
でも、歯磨きしてマウスピースつけなきゃ…拡大床もつけなきゃ…
マウスピースつける前にサプリメントも飲んでおかなきゃ…
化粧も落とさなきゃ…
でも明日土曜日だし、最悪化粧は落とさなくていいかな…(そんなことはない)
最低限、歯磨きはスキップして歯をゆすぐだけにして(???)、
マウスピースと拡大床だけはつけなきゃ…47万…47万やで…47万だけは守る…(???)
ていうか寒い…この部屋から出て極寒の脱衣所に行かなきゃ歯が磨けない…
あの極寒の脱衣所に立って歯を磨くのか…死んでしまうかもしれないな…
…。
まずは1時間だけ仮眠して(?)気力を回復させて(?)、
そのあとちゃんと起きてマウスピースと拡大床をつけよう!
そうしよう!こんなに眠い状態で寒いところに移動するためには、HPを回復させる必要があるからな…

という謎の思考を経て、
仮眠のつもりが、翌朝8時に目覚めました。
またやってしまった!!!!と大慌てで脱衣所に駆け出します!

8時間以上ぶりのマウスピースをつけ、
つけづらさと、歯の違和感に愕然とします…。
今までは、すんなりつけられていたのに…。歯の位置が戻ってしまったんだな。
続いて、拡大床をつけたところ、 めちゃくちゃ痛い!!! 今まで痛いなんてことなかったのに、
このサボってしまった一晩の間に、いったいどれだけ歯の位置が戻ってしまったんだろう!?
1クール、2クールと、頑張ってきたのに、水の泡になってしまったのか…?
かつてないほどの後悔です。

この日は、サボった一晩分を取り戻すため、拡大床をつけながら昼間の生活を行いましたが、
やはりマウスピースに加えて拡大床をして日常生活を送るのは、厳しいですね。
しばらくして慣れても、違和感気づくとそこに意識が持っていかれてしまうし、やはり気分が悪いです。

この痛みを忘れるな…

私はこのブログのタイトルにしている通り、とても貧乏性なので、
「47万」というまじないと唱えれば過酷なマウスピース生活もクリアできる自信があったのですが、
こんなにも意思が弱く、自分にがっかりです。
こんなに意思が弱いと、10クール目終えても素敵な歯並びなんかになれませんよね。

ちゃんとしよう(100000000000000000000000000回目の決意)

ここまで読んて頂き、ありがとうございました。