貧乏性女のキレイライン矯正体験記

キレイライン矯正で歯科矯正を行っています。このブログの目的は、私のモチベーション維持とキレイラインに関する情報共有です。

キレイライン生活3クール目ソフト その1:拡大床開始して初の検診を受けた話

2クール目と同時に拡大床を開始して、
3クール目に入るタイミングで検診がありますね。
今回は、その検診を受けたお話を書きます。

検診は忘れ物厳禁

拡大床を始めて、サボると歯の位置がかなり戻ってしまうという痛い目を見たことにより(涙)、
レイライン生活を順調に続けられている日々です。
しかし、まだ目に見えて歯が動いている様子はありません。

3クール目に入った直後のタイミングで検診がありますので、
仕事帰りに行ってきました。
この検診の目的は

  • 拡大床の針金部分の設定が適切で、歯列が効果的に動く状態になっているか確認する

です。ですので、拡大床は必ず持っていかなければならないので、
行かれる方はご注意ください。
私は忘れっぽいので特に注意していました…。

検診では、歯科衛生士さんが歯につけた状態の拡大床を見て、
針金が弱まりガタガタしていないかチェックし、必要に応じて直してくれます。
私の場合、まだ拡大床を始めて間もないためか、
軽い微調整で済みました。
歯科衛生士さんに拡大床を調整して頂いた後、
歯科医師さんが最終チェックをして下さいます。安心ですね!

検診自体は私は15分ほどで終わりました。
次の検診の予約をして、本日は終了です。
次の検診は、4クール目に入ったタイミングです。

私はこの日、なんだかテンションが高かったので(?)、
拡大床をつけたまま帰りました。笑
電車に乗るだけだし、帰り道だれとも会話しない想定なので問題なし!(多分)

歯が動いている感覚はないけど…

この時期は、自分で「歯、動いてるじゃん!」という実感はまだ得られません。
しかし、検診の中で歯科衛生士さんに
「ちゃんと動いているので、この調子でやってくださいね」と言ってもらえたことで、
モチベーションアップです!
Twitterなどでも、
「○クール以降・○か月以降に動いているのが実感できるようになった」
という意見が見受けられたので、私も早くその段階まで到達したいですね。
頑張るぞい!

では、今日はここまで。
読んで頂き、ありがとうございました!

キレイライン生活箸休め:2020年元旦に胃腸炎になった話

2020年1月も早くも終わりが見えてきましたね。
少し時期は遡りますが、今回は、
今年の元旦に38度の熱を出しながら胃腸性を発症したことを記事にします。

元旦に熱を出しながらアニメに齧りつく女

突然ですが、皆さんはお正月はどんなものを食べますか?おせち?お雑煮?
私は、おせちやお雑煮がそんなに好きではないので、
毎年自分好みの揚げ物や炒め物が入ったオードブルを購入して、お正月の間それを食べて過ごします。
しかし、今年は方針を変えて、大みそかに自分で好きな作り置きを用意し、それを食べて過ごすことにしました。
みそか一日かけて作った、大量のだし巻き卵や焼きウインナーや焼きそばなどなど(子供が好きそうなものばっかりですね)。
自分流おせち(おせちではない)です。

そして、年越しして元旦!
朝から、AmazonPrimeでアニメを見ながらのんびりと過ごしていました。
みそかに用意した自分流おせちを食べようしたところ、
なんだか食欲がありません。
ほんの少しだけ食べて、引き続きアニメを見続けます。

昼過ぎから、関節と筋肉の痛みと倦怠感が始まりました。
しかし、この程度だったら横たわっていれば治るかと思い、
横たわって引き続きアニメを見続けます。

夕方ごろ、軽い腹痛が加わり、お手洗いの回数も多くなり、
熱っぽさも覚えました。
しかし、この程度だったら「平日だったら仕事に行けるレベル」と判断し、
風邪薬を飲んで引き続きアニメを見続けます。
念のため、アニメを見ながら熱を測ると、36度後半…
私は平熱が低いので、微熱かな?それとも誤差?と適当に流します。
ところが、ずーっと絶え間なかった関節と筋肉の痛みと倦怠感が強まってきたため、
1時間後に再び熱を測ると37度超え、さらに1時間後に熱を測ると37度後半、
どんどん熱が上がっていることが分かりました。
さすがにただ事ではない。
もしかしてアニメを見ている場合ではないのでは?と思いましたが、
でも、あと1話で最後なんや…これを見ないと寝るに寝れない…と、
熱で朦朧としながらアニメを1期最後まで見終えます(オタクとしては素直だが人間としてはダメである)。
そして、再び風邪薬を飲んで、ようやく布団に入りました。
この時点で、私は風邪かインフルエンザだと思っていました。
風邪薬を飲んだ直後は、関節と筋肉の痛みが一時的にほんの少し和らいでいたので。

ちなみに、この時私が熱を出しながらも見続けたアニメが、今をときめく「鬼○の刃」です。
面白すぎて、ちょっとの熱なんかで中断できるわけないよなァァァァ~~~~???????

休日診療の有難さ

元旦の夜、自分でもどんどん熱が上がっていくのが分かりました。
(38度を超えたあたりで怖くなって測れなかったです…)
しかも、風邪かインフルのおまけと捉えていた腹痛が酷くなってきて、
最終的に1時間おきにトイレに行かねばならない状態にまで至ります。
朝方には水しか出ませんでした(汚くてすみません…)。
このような状態では、当然熟睡なんてできません。

死を覚悟し始めたので、もはや救急車を呼ぶしかないのでは?と考えていましたが、
同居人が正月でも診察してくれる病院を近所に見つけてくれたため、
朝9時頃、休日診療所に向かいました。
休日でも夜間でもやっている診療所というものがあるのですね。
有難すぎる…。

診療所は、結構混雑していました。
やはり、お正月でも体調を崩す人ってたくさんいるんですね。
待つこと30分ほどで、私の番に。
この時点でまだ自分が風邪かインフル、どちらかでしかないと思い込んでいたので、
診察ではしっかりインフル検査をしてもらい、さらに待つこと数分…(この間も何度もトイレに行っていました)。

お医者さん「胃腸炎です」

えっ???

お医者さん「最近鶏肉料理など食べたりしましたか?」
私「食べました。年末に焼き鳥とか…唐揚げとか…」
お医者さん「う~ん…」???

腑に落ちないまま同居人にインフルではなく胃腸炎だった旨を報告し、
「なんでやねん」という反応を受けながらも、 「確かに、風邪の症状は関節と筋肉の痛みと発熱くらいで、咳とか鼻水は一切なかったな」と2人で納得。
そして、今にも命が尽きそうな私の代わりに薬を取りに行ってもらいました。
休日夜間診療所も有難いが、同居人も有難い存在です。
もし一人暮らしでこの状況になったら、
途方に暮れて命尽きるか自然回復を待つしかないのではないだろうか。

腸炎で人権を失う

腸炎と診断された1月2日、この時点では、水を飲んだだけでもひどい腹痛になり数分後には出ていく状態。
この段階で摂取できるものは、水とポカリと薬だけ。
これらで、ひたすら胃腸の中にいる悪者たちを流していくしかない。
熱も下がっていなかったため、意識朦朧としながらただ無益にベッドとトイレを往復していました。

胃に水分しかないのに、よくもまぁこんなにトイレ行きたくなりますねえこの体は……とか、
排泄機能が正常であることって、QOLの大前提だな……とか、
健康の有難みを噛み締めながら…。

翌日1月3日には、熱も引いて腹痛もだいぶ収まっていました。
調べたところ、この時点から固形物を食べ始めても良いとのことだったので、
この日は2食だけ、味噌で味つけしたおかゆを食べました。
1月4日には、更に治っている感覚はありましたが、
「いきなり胃に刺激物を入れるとまた下痢に戻る」という情報を目にしていたため、
警戒して2食だけ、薄味の素うどんを食べました。

いや~
味がある食事って最高だねえ!!!!!!

マウスピース生活の中で、マウスピース関係以外でこの感覚になるなんて…。
ちなみにマウスピースは、固形物を食べるときはさすがに外しましたが、
ポカリと薬くらいは外さずにガブガブ飲みました。
あと、拡大床については、
人としての成果を何も出せない状況を憂いて、
せめて確実に歯を動かすためにコレ(拡大床)くらいはずっとつけていようと試みたのですが、
気分が悪くなって外すことも多かったです。
でも、1日12時間以上はつけていたかも。

このような食事事情だったので、この記事の冒頭で書いた自分流おせちは、
ついぞ自分で食べることはほとんどありませんでした。
同居人がきれいに完食してくれましたが、「このタイミング胃腸炎って何?」という気持ちは拭えない。

1月5日には、完治している感覚でした!
健康最高!ごはん最高!
しかし、せっかくのお正月休み9連休のうち4日を寝て過ごす羽目になるとは…涙
高熱に腹痛よる疲労と栄養不足でHP赤ゲージのまま、
大切なお正月休みを終えることとなりました…。

ところで、胃腸炎の感染経路は?

さて、胃腸炎によって失われた時間は取り戻せないので、もう良いとして(?)、
できればもう2度となりたくないので、再発防止を考えたいところです。

原因のウイルスが体に入ったのはおそらく年末。
年末あたりに一緒に食事をした人たちに「胃腸炎になってない?」と問い合わせましたが、
誰も胃腸炎なんぞになっていませんでした。
食事の可能性は高くはないと思われますね。

つまり、私独自の行動でウイルスを体に入れた可能性が高いということ。
私独自の行動…。
普通の人はしないような、私独自の…。

マウスピース…?

思い返すと、最近の私はマウスピース生活に慣れきっていて、
あらゆる場所で軽率にマウスピースを外したりしていました(本当にすみません)。
最も私が「アレが原因では?」と思ったのは、
新幹線のお手洗いの前の洗面台で急いでマウスピースを外したことです。
とにかく早く駅弁が食べたくて、焦っていたことだけは覚えています。
私はその時、しっかり石鹸で洗った手で、マウスピースを外していたか…?
自分の杜撰で適当な性格を鑑みると、すごく怪しい…。

新幹線という不特定多数のウイルスが蔓延していそうな場所は当然として、
あらゆる場面で、常に衛生を意識してマウスピースを取り扱っていたかと問われると、
否としか答えられない自分にがっかりです。
今回の胃腸炎の直接の原因であるか正確には分かりませんが、
ひょんなことからウイルス入っちゃいそうな衛生観念の低い行動を取っていたことに、
今回とても反省しています。

本当に2度とあんな壮絶な胃腸炎になりたくないので、
あれ以来マウスピースを付け外しする際は、慎重に手を洗っています。
当たり前なんでしょうけどね!!!

お恥ずかしい話ばかりですが、
今回あえてキレイラインに関する記事としてこんなことを書いたのは、
自分自身が2度と衛生観念底辺のようなマウスピースの取り扱いをしないためです。
やはり、口にものを出し入れするから、慎重すぎるくらいで良いんだよ。
健康に直結するのだし。

マジで、深く反省してくれよ私。
本当に本当に本当に、この胃腸炎、辛かったんだから…………………。

長くなってしまいましたが、今回はこれでおしまいです。
ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

キレイライン生活2クール目ハード その2:拡大床期間のサボりは致命的やで

拡大床を始めて、スムーズに拡大を進め、
「こんなもんか~」と慣れてきた11月下旬です。
なんだか急に寒くなりましたね。
部屋から出たくないなぁ~…
お手洗いや歯磨きのために、暖房がある部屋から出るのが億劫でたまりません。(フラグ)

ついにやってしまいました

ある金曜日、残業を終えて帰宅して22時過ぎ、普段であれば拡大床をつけ始めなければいけない時間です。
大急ぎでマスピースを外し、ご飯を食べ、一息ついていると、
猛烈な眠気に襲われました。

あっ眠い、死ぬ…
でも、歯磨きしてマウスピースつけなきゃ…拡大床もつけなきゃ…
マウスピースつける前にサプリメントも飲んでおかなきゃ…
化粧も落とさなきゃ…
でも明日土曜日だし、最悪化粧は落とさなくていいかな…(そんなことはない)
最低限、歯磨きはスキップして歯をゆすぐだけにして(???)、
マウスピースと拡大床だけはつけなきゃ…47万…47万やで…47万だけは守る…(???)
ていうか寒い…この部屋から出て極寒の脱衣所に行かなきゃ歯が磨けない…
あの極寒の脱衣所に立って歯を磨くのか…死んでしまうかもしれないな…
…。
まずは1時間だけ仮眠して(?)気力を回復させて(?)、
そのあとちゃんと起きてマウスピースと拡大床をつけよう!
そうしよう!こんなに眠い状態で寒いところに移動するためには、HPを回復させる必要があるからな…

という謎の思考を経て、
仮眠のつもりが、翌朝8時に目覚めました。
またやってしまった!!!!と大慌てで脱衣所に駆け出します!

8時間以上ぶりのマウスピースをつけ、
つけづらさと、歯の違和感に愕然とします…。
今までは、すんなりつけられていたのに…。歯の位置が戻ってしまったんだな。
続いて、拡大床をつけたところ、 めちゃくちゃ痛い!!! 今まで痛いなんてことなかったのに、
このサボってしまった一晩の間に、いったいどれだけ歯の位置が戻ってしまったんだろう!?
1クール、2クールと、頑張ってきたのに、水の泡になってしまったのか…?
かつてないほどの後悔です。

この日は、サボった一晩分を取り戻すため、拡大床をつけながら昼間の生活を行いましたが、
やはりマウスピースに加えて拡大床をして日常生活を送るのは、厳しいですね。
しばらくして慣れても、違和感気づくとそこに意識が持っていかれてしまうし、やはり気分が悪いです。

この痛みを忘れるな…

私はこのブログのタイトルにしている通り、とても貧乏性なので、
「47万」というまじないと唱えれば過酷なマウスピース生活もクリアできる自信があったのですが、
こんなにも意思が弱く、自分にがっかりです。
こんなに意思が弱いと、10クール目終えても素敵な歯並びなんかになれませんよね。

ちゃんとしよう(100000000000000000000000000回目の決意)

ここまで読んて頂き、ありがとうございました。

キレイライン生活2クール目ハード その1:拡大床…思ったよりイケる

ようやく拡大床をゲットし、モチベーションが復活したキレイライン生活2クール目!
想像していたよりも拡大床に抵抗がないので、とりあえず一安心かな?

歯が動きそうという感触が何よりの励み

早く歯が動く実感を得たいため、
2クール目ソフト開始から1週間きっかりでハードに変更しました。
ハードのマウスピース………やっぱり痛くない。
今後痛いと感じることがあるのかな?
歯の状態は常に変化していると思うので、
いつ痛みがきても良いように心構えだけはしておこうと思います。

拡大床生活を1週間以上経験して思ったこととして、
確かに大変ではあるが、
歯が動きそうという感触が何よりの励みになるということです。
寝苦しいし面倒だし違和感強いし洗面台は寒いし(?)
いろいろあるけれど、この歯をグッと外に押し広げている感じは、
綺麗な歯並びに繋がっている気がして、頑張っていけそうです!
早く、私の引っ込んでいる1本の前歯が収まるスペースが出来ると良いな~。

マウスピース生活に慣れてきた厚顔な30代の女の様子

1クール…2クール…とマウスピースと生活をしていると、
ずいぶん慣れてきて、その「慣れ」が変な感じになるときがありませんか。
一人で飲食店に入ったとき、
「マウスピース外さなきゃ…あーお手洗いに移動してマウスピース外すの面倒くさいな…」
ってなりませんか(?)
そんな時、人が少なかったり、視界に入る店員さんやお客さんがいなければ、
紙ナプキンなどで口元を隠しながら瞬時にマウスピースを外したりしませんか(?)
私はしますね…。
もっと若かったら、羞恥心とかあったのかもしれないけど、
もう良いのです。
おなかすいているとか、面倒くさいとkの方が勝るんだよな。
周囲を見渡して、イケる!と思ったら
おしぼりとかで口元を隠しながら
指一本でガシャン!(上)ガシャン!(下)って簡単にマウスピースを外せるテクを身に着けてしまった。

以前、同居人(事情をよく知る)と個室の居酒屋に行ったとき、
そのようにマウスピースを外していたら、
「口元を手で隠しながら爪楊枝で歯をシーシーするオッサンみたい」と言われ、
なるほど…………………………………………
と思いました。
なるほどな…………………………………………

引き続きがんばるぞ

ともあれ、拡大床にもちゃんと慣れたので、
今後もやっていけそうな気配です。
こういう時、人は危ないのです(?)

次回予告!
「拡大床期間のサボりは致命的」

ここまで読んで頂き、有難う御座いました!

キレイライン生活2クール目ソフト その1:ついに拡大床だ~!

1クール目が思っていたより長く、ハードのマウスピースもびろんびろん(?)になり、
モチベーションが下がり、仕事も忙しくなり、もう無理やで……
となっていた私。
そんな私も、ついに拡大床生活を開始します!!

拡大床を調整してくれた歯科衛生士さんが優しくて癒される

長い1クール目を終えるため、そして拡大床をもらうため、
久々にクリニックに行きました。

まずは、2クール目・3クール目、4クール目のマウスピースがもらえるので、
さっそく2クール目のマウスピースに付け替えました。

嗚呼…
新しいマウスピース…ぴかぴかのマウスピース…
この歯をぐっと締め付ける感じ…

私はずっとこれがほしかったんですよ…。
あんなクタクタのびろんびろんのマウスピース、
もう嫌じゃ…ってなっていたから…。

Newなマウスピースに感激を覚えつつ、拡大床のお目見えです。
実物を見ると、仰々しいな…という印象。
登場してさっそく歯に引っ掛ける針金(?)部分を私の歯に合わせるための作業を始めます。
歯科衛生士さんが、針金を調整し、私の歯に装着して拡大床が安定しているか確認し、
安定していなかったらまた針金を調整し、私の歯に装着して…の繰り返しです。
私の場合、上の歯はすんなり調整して頂けたのですが、
下の歯は時間がかかり、何やら何人か歯科衛生士さんが集まって議論している様子も感じ取られました。
私には成す術がなく、「変な歯並びですみません…」と思いつつ、
けっこう時間が経過していたので半分寝てしまいました…。
半分寝ながら「口開けてください」「噛んでみてください」「外すので口開けて下さい」の優しい声の指示に
機械的に従うだけの人になっていました。
上の歯で5分、下の歯で30分ほどかけて頂き、
最後に歯科医師さんのチェックをして頂き、無事に調整は完了!

次に、拡大床の使い方とお手入れについて説明して頂き、
拡大床のねじを回すスケジュールとマウスピースのクールを進めるスケジュールを説明して頂きます。
私はスケジュールをすぐに理解できず、頂いたプリントにメモを書いてもらいながら、
説明を受けました。。

これでようやく、次のマウスピース3クール分と拡大床ゲットです!

私が通っているクリニックでは、1か月に1回くらい
歯がちゃんと動いているか、拡大床の効果はあるか、確認してもらえるみたいなので、
その予約をして、この日はおしまいです!

終始、歯科衛生士さんが優しく、丁寧に説明をして下さったので、
安心して拡大床生活を始められそうです。

え、みんなコレつけて寝てるの!?

帰宅して、さてそろそろ寝ようという時、
自分で拡大床をつけてみます。

…???
なんだ…これは。
口の中の圧が凄い…。

口の中がほとんど拡大床で埋まっているような感覚。
クリニックで調整してもらっているときは「こんなもんか~」くらいにしか思わなかったのですが、
いざこれをつけて静かに寝るとなると、その存在感に圧倒されます。
そして、噂で聞いていた通り(?)しゃべれない…。
確かに、これをつけて日常生活は送りづらいけど、寝れるか!?
寝るときって寝ること以外何もしていないので(?)意識のやり場がない!
嫌でも拡大床に意識がいってしまう!
しかも、寝ている間に、無意識に舌で拡大床を外してしまったらどうしよう…。
自分ならやりかねない…。

熟睡、そして何事もなく朝を迎える

大丈夫かな?こんな拡大床つけてても寝れるかな??朝までちゃんとつけていられるかな???
と悶々としていたのもつかの間、
普通にぐっすり寝ました。
そして、何事もなく口の中に拡大床は鎮座していたので、
ああ…こんなものなのか…と寝ぼけた頭で思うのでした。

毎日しっかり頑張るぞ!

1クール目の後半はモチベーションが下がり酷い体たらくでしたが、
拡大床生活が始まり、1日1日の頑張りがとても大事に思えるので、
毎日しっかり頑張ります!

早く歯が動いているのを実感できるといいな~。

キレイライン生活1クール目ハード3:怠慢が加速

やばい…。
前回の記事で「怠慢しないよう頑張る」と決意を新たにしたのに、
サボりが加速しています。
46万円!46万円払ったんですぞ!!

1クール目ハードが長すぎるよ…

拡大装置をもらえるのが思っていたよりも先になってしまい、
私は、1クール目のハードを約7週間…
ちゃんと数えたら51日…続けることになってしまいました。
Twitterで皆さんのツイートを見て、長いほうかもしれない…って思っています。 なんでだろう?運が悪いのかな…。

ハードのマウスピースもずいぶん緩くなり、
取り外しも簡単に出来てしまいます。
事情をよく知る同居人との外食時であれば、
席で口元を隠しながら瞬時にマウスピースを外すレベルです。

「これ、頑張って一日20時間以上つける意味あるか…?」
という気持ちになってしまい、
会社にいる間は大丈夫なのですが、
帰宅してご飯を食べるために外した後とか、
休日に家でだらだらする時とか、
「つけなきゃダメ…?」と思う体たらくです。
あと、家で仕事の勉強しながら甘いものが飲めないのが非常にキツイ!

皆さんどうしてるんだろう?
レイライン開始直後のモチベーションはどこへ!?

拡大装置に期待

しばらくしたら拡大装置をもらえるので、
そこで気持ちが切り替わるといいです。
こんな「つけなきゃだめなの?」とか言ってる場合ではなくなるでしょう。
いや~~~~ほんと頼みますぞ私…。

こんな記事ですみません。。。
最近仕事が忙しくなってしまいブログも書けず、
レイライン以外の自己投資(脱毛エステ、スポーツジム)も怠慢気味なので、
早く立て直したいです。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました!

キレイライン生活1クール目ハード2:早くも怠慢

1クール目ハードにも、私はすぐに慣れることができました。
それは良いことなのですが、油断も始まってしまい…。
……。
今回は、飲み会などでマウスピースをサボり出してしまった1クール目ハード中盤戦について、
書いていきたいと思います。

まずは初心を思い出そう

マウスピース生活を始めた直後は、
あまりにも強烈な違和感と、この違和感とこの先1年弱付き合わねばならない不安で、
気が狂ったようにTwitterなどで「キレイライン」と検索して、
経験者の皆様のツイートから情報収集をしていました。
(もちろん批判とかも目にして、ますます不安に煽られていました…。)
そこで出した私の結論としては、 「ちゃんとやれば歯並びはきれいになる」ということです。
偉そうに当たり前のことを書いちゃっていますが、
クリニックなどで説明されている通り、

  • マウスピースは、1日20時間以上装着する
  • 食事などでマウスピースを外す際は、1時間以上外したままにしない
  • やむを得ず1時間以上外す場合は、
    1時間外す⇒10分間装着する⇒1時間外す

これを守るべきということです。
マウスピースでせっかく動いた歯は、たった1時間マウスピースを外すだけで、
元の位置に戻ってしまうそうです。(どれほど戻ってしまうかは段階にもよると思いますが…。)
なので、そのマウスピースの効果を最大限得るためには、用法をしっかり守ることが大事なのです。

よ~く分かっていたのですが。。

鬼門は、飲み会と大好きな買い食い

1クール目ハード期間の半ば頃、
私の事情をよく知る同居人と、マウスピース生活初の居酒屋に行きました。
同居人はマウスピースの用法もよく分かっているので、安心し、
1時間弱食事とお酒を楽しんで、お手洗いでマウスピースをつけて席に戻って10分くらい水だけを飲んで過ごし、
またマウスピースを外して1時間弱食事とお酒を楽しみました。
この時点では、まだ用法を守る意欲がありました。

その後、仕事関係の友人と飲み会をすることがありました。

3時間飲み放題…
3時間くらいなら…いや駄目だな…途中で隙を見てマウスピースをつけよう…
この場でわざわざ友人たちに説明するのも時間がもったいないので、こっそり…

最初はそう考えていたはずなのに、
結局3時間たっぷり頭スカスカで飲んで楽しく過ごし、
頭スカスカのままマウスピースをつけずに帰りました…。
帰宅して酔いがさめたので、やってしまった!と思ってすぐに歯磨きをしてマウスピースをつけて寝ました。
反省タイムです。

間を置かず、仕事帰りにマウスピースを外して買い食いをし、
マウスピースをつけないまま帰宅した日がありました。
その日はあまりにも疲れて眠くて活動限界で、そのまま爆睡してしまいました。
翌朝、本来ならばさっさと歯を磨いてマウスピースをつけるべきところ、
あまりにも億劫で、しばらくだらだらしていると、
同居人に「40万円以上も払ったのになんで?」と言われ…。
ハッとして大慌てでマウスピースをつけました。
ひどい体たらくです。また1クール目なのに。
マウスピース生活に慣れてきて、怠慢の傾向が出てきています。
本当にひどい…。

そして反省…

まだ始めたばかりなので、動き幅も非常に小さいと思いますが、
今後拡大装置をつけ始めると、動き幅も大きく、
その分マウスピースを外した時の戻り幅も大きいのではないかと想像しています。
つまり、今後は今まで以上にちゃんと時間を守る必要があるのではないかな。
間もなく拡大装置生活が始まるため、
改めて気を引き締めて、しっかり時間を守らなければ。
だって40万円以上も払ったんだもの…。
ちゃんと時間を守らないのに、きれいな歯並びにならなくてショックを受けるのは、
他でもない自分ですものね。
がんばろう。